共同研究・協同活動

  1. 共同研究・共同事業
    • 聖路加看護大学看護実践開発研究センター『「リンパ浮腫ケアステーション』
      がん治療に伴うリンパ浮腫の予防、早期発見、適切なケアに関する、セルフケア教育及び専門的ケアを実施し、がん体験者が治療を受けながら充実した生活が送れるよう支援することを目的に共同事業として行っています。
    • 後藤学園基礎医科学研究部 
      後藤学園基礎医科学研究部と協同し、リンパ浮腫治療の効果検証に関する機材の製作、および治療に貢献する医療用品の開発を行っています。
      http://msr.gto.ac.jp/kiso02.htm

      〔活動内容〕
      ・ 包帯巻き機製作の開発 
      ・ 医療用品、各種スポンジ類の研究

  2. 提携医療施設
  3. 3.11 東日本大震災被災地への支援活動
    • 2011年3月11日に発生した東日本大震災の被災地への支援活動を、NPO法人日本医療リンパドレナージ協会と共に行っています。
      5月初旬、岩手県の宮古市、岩泉市、山田町、大槌町の4地域を訪れ、6月、7月には、患者会(かたくりの会・盛岡本部、宮古支部)、現地の患者さんたちと一緒に、リンパ浮腫ケア、弾性着衣の着脱のしかたなどを中心に勉強会を行いました。当研究所は、今後も被災地のリンパ浮腫患者さんを支援してゆきます。
      *リンパ浮腫患者さん向け資料「リンパ浮腫のあんない
      *国際リンパ浮腫フレームワーク・ジャパン懇話会第1回学術集会の発表パネル

ページの先頭へ